×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

映画評論グレートシネマ

サスペンス映画&ミステリー映画。

このレベルがあれば、大抵の人は楽しめるでしょう!という映画。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 

↓下記A〜Eをクリックすると各項目へ移動します。

A:早く見なきゃ B:かなり面白い B:面白い C:普通 D:んん〜 E:だめだこりゃ

 

C面白い

そこそこ面白い 3つ星サスペンス映画 ★★★☆☆


アンノウン
 (70点)
脱出系サスペンス映画、気がつけば廃墟に閉じ込められていた!錠に閉ざされた廃棄工場の中で意識を取り戻した5人の男たち。だが5人とも記憶を失っていた。分かっているのは、5人のうち2人が人質で3人が誘拐犯だということ。混乱と疑念が渦巻く中、次第に断片的な記憶が蘇ってくるのだが…。

CUBE(キューブ) (82点)
目が覚めると四角い部屋の中にいた。見知らぬ男女数名。施設には命を奪うトラップが仕掛けられている。息苦しい立方体施設からの脱出は成功するのか・・・

CUBE ZERO(キューブゼロ) (82点)
CUBEの続編。謎の施設が三度登場。時代背景はCUBEよりも前の設定です。施設を管理している2人。しかし、そのうち1人が施設に入れられた女性を助けに入るが ・・・

CUBE2(キューブ2) (80点)
CUBEの続編。内容はCUBEと同じようなものです。謎の部分にも触れないままなのでCUBEの世界を、違う登場人物で味わいたい方におすすめ。

イントゥーザブルー (76点)
ダイバーのジャレットと恋人のサムは仲間たちと海中で、財宝を積んでいると噂される伝説の沈没船を発見した。お宝発見とばかりに、船を引き上げようとしたが、同時に密輸機も見つけてしまう。

シークレット ウィンド (74点)
ミステリー作家のモートのもとにシューターという男が現れ、モートに「俺の小説を盗作したのだから、俺の名前で出版しろ」と要求してきた。たちの悪いストーカーと判断したモートは相手にしなかったが、シューターが持ってきた原稿を見た彼は愕然とする。それは彼の『秘密の窓』という小説と酷似していたのだ。

スクリーム2
スクリームの続編。またも学園で前作と同じような事件が起こります。今度の犯人は一体・・・ 前作よりもパワーダウン感はありますが、そこそこ面白いです。

ソウ5(SAW5)  (67点)
死のゲームがまたも始まる!謎を暴け。ジグソウの後継者は誰なのか?ジグソウが生前に託した遺言とは?そして遺品の中身とは?九死に一生を得て助かったFBI捜査官ストラムは、傷一つ負わずにゲームから生き残ったホフマン刑事こそジグソウの後継者ではないかと疑う。

テイキングライブス (68点)
殺した相手の人生を生きる殺人犯。一人の少年が家を出た数日後、母親の元へ彼の交通事故死の知らせが届く。だがしかし…。アンジェリーナ・ジョリー、イーサン・ホーク、キーファー・サザーランドほか出演で贈るサスペンス・アクション。

ディヴァイド (72点)
この密閉空間には、秩序もモラルもない!アパートメントの地下シェルターに逃げ込むことに成功したのは僅か9人の男女。シェルターの所有者ミッキー(マイケル・ビーン)を中心に、婚約したばかりのカップル、ルームシェアをする若い男性グループ、老練な黒人、11歳の娘とその母親といった面々だ。

ラストサマー (68点)
帰りに男を車ではねてしまい、その死体を海に投げ捨てた。そして1年後、秘密を守り続けていた4人に「去年の夏、何をしたか知ってるぞ」といった強白状が届けられ、やがて奇怪な連続して事件が勃発する…。ひねりが無く直球推理で終了が惜しい。

ダヴィンチコード (70点)
パリのルーブル美術館で発見された館長ソニエールの死体。この事件で警察から協力を求められたバーバード大のラングドン教授だったが、じつは容疑者のひとりでもあった。死体の回りの不可解な暗号、レオナルド・ダ・ビンチの“ウィトル・ウィウス的人体図”を模したポーズの死体は謎に包まれていたが、ソニエールの孫で暗号解読官のソフィは彼が無実であることがわかっていた。

世にも奇妙な物語 映画の特別編 (83点)
飛行機の墜落で雪山に取り残された5人を描くホラー
『雪山』
駒同士が本当に殺しあうチェス戦サスペンス
『チェス』
討ち入りに迷う大石内蔵助が現代とつながる携帯電話を拾うコミカルな感動作
『携帯忠臣蔵』
結婚前に結婚生活の一切をシミュレートして、思わぬ未来に別れを考えるカップルを描く、ラブストーリー
『結婚シミュレーター』
等の短編物語を収録。映画もテレビドラマも同じです(笑)

ハイドアンドシーク (68点)
暗闇のかくれんぼ。このフレーズに負けました。内容はもう一声って感じでした。はじめから、すぐ分かるようなオチはもうちょっとひねってほしかった。ロバートデニーロ、ダコタファニング出演。

パニックルーム (68点)
高級ハウスに秘密の部屋!そこに強盗3人が侵入した!サスペンス映画。離婚したばかりのメグは11歳の娘サラを連れて新しい引越先の下見に出掛けた。案内された高級タウンハウスは4階建エレベーター付。そして、ある秘密の部屋、“パニック・ルーム(緊急避難用スペース)”が。母子の新たな生活が始まったその晩事件は起こった・・・

ハンニバル・ライジング (70点)
レクター博士のシリーズサスペンス映画!戦争で家族と死に別れ、記憶の一部を失ってしまったハンニバル・レクターは、ソ連の孤児院での厳しい制裁から逃れるため、パリへ逃亡。そこで、後の彼の人格形成に影響を与えることになる、美しい日本女性との出会いを果たす・・・

ヴィレッジ (70点)
「なぜ《掟》は作られたのか?」「タブーを犯せば、どのような災いが生じるのか?」…村人たちの誰一人として、その答えを知らなかった。監督はM.ナイト・シャマラン。

メメント (72点)
妻が殺害された光景を目にしたレナードは、10分しか記憶を保てない前向性健忘になってしまう。彼は妻の仇を討つため、事件のキーワードをタトゥーにして彫り込み、ポラロイドにメモを書き込みながら犯人を捜し出そうとする。

ハードキャンディー (70点)
チャットで知り合った14才の少女ヘイリーと32才のカメラマンのジェフ。ふたりは意気投合し、会う約束をする。

フェイシズ (70点)
主人公は事件を目撃したショックから、他人の顔を認識できないという症状になってしまう!!!アンナは“涙のジャック"に追いかけられ川に落ち一命を取り留めるも、確かに目撃していたはずの犯人の「顔」が思い出せない。橋から落ちた時のショックで <相貌失認:人の顔が判別できない症状> になってしまっていた。

ボーンコレクター (74点)
土の中に埋められていた男性の死体と、その周辺に残されていた謎の物的証拠の数々。女性警官アメリア(アンジェリーナ・ジョリー)は、現在下半身付随で寝たきり生活を送っている科学捜査のエキスパート、ライム(デンゼル・ワシントン)に、その物的証拠写真を見せ、事件の糸口をつかもうとする…

ローグアサシン (65点)
FBI捜査官のジョンとトムは悪名高い伝説の殺し屋ローグを追い詰め、銃撃する。しかし、数日後、トムと彼の家族はローグに惨殺される。三年後・・・チャイニーズ・マフィアとジャパニーズ・ヤクザの抗争のさなかにジョンの前に突如再びローグが姿を現す。