×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

映画評論グレートシネマ

アメコミヒーロー集合!アクション映画
アベンジャーズ

アベンジャーズのDVD画像

【出演】 ロバート・ダウニーJr., クリス・エヴァンス, マーク・ラファロ, クリス・ヘムズワース, スカーレット・ヨハンソン
【監督】 ジョス・ウェドン
【時間】 143分

【DVDレンタル開始】 2013年

【あらすじ】 ひとつになるには巨大すぎる力。彼らは地球を救うのか、それとも―。

地球戦略のカウントダウンが開始された時、人類の未来は、≪最強≫の力を持つ7人のヒーローたちに託された。

そのメンバーは、戦う実業家“アイアンマン"、神失格の男“ソー"、超人ソルジャー“キャプテン・アメリカ"、魔性のスパイ“ブラック・ウィドウ"、苦悩の科学者“ハルク"、地上最強の射手“ホークアイ"、そして孤高の司令官“ニック・フューリー"。まさに究極とも言えるこの最強チームは、≪アベンジャーズ≫と名付けられた。

だが、意思に反して集結させられた彼らは、ひとつのチームとして戦うことを拒み続ける。次第に明かされる≪アベンジャーズ≫の知られざる過去と苦悩・・・。そしてついに、人類が未だかつて経験したことのない最大かつ最強の敵が現れる。はたして彼らは地球を救うことができるのか?それとも・・・?

思ったよりも迫力あって面白いです!!

アメコミヒーロー達、ある程度、知らないとキビシイ。

強大な敵キャラは、次作に持ち越し、え〜〜〜〜(滝汗)

この辺がおすすめアクション!
マイティーソー、ハルク、アイアンマン、キャプテンアメリカ等、アメコミヒーローが集結。宇宙からの侵略者相手に団結して闘います!!!

この辺が面白い

アクション映画の評論・感想

ヒーローの戦闘力にも格差
広がってます(笑)

すごいヒーローパワーを持つ正真正銘、ヒーロー印
ハルク、アイアンマン、マイティソーの3人。

それに引き換え、人間とほとんど能力が変わらない
どちらかというとなんちゃってヒーローの
ホークアイ、ブラックウィドウ、キャプテンアメリカの3人

この6名でアベンジャーズは構成されてます。

しかし!!!
戦力の無いヒーローは無いなりに、うまく活躍できる場面を作ってくれているので見ていて安心。ここ、非常に素晴らしいポイントでした。

ハルクやアイアンマンと同じ活躍を、ホークアイ、キャプテンアメリカ、ブラックウィドウにはできないし、ねぇ(爆)

アベンジャーズはメンバー決まってるようですが、一般人の意見からすると、ホークアイ、ブラックウィドウ、キャプテンアメリカの代わりに、スパイダーマン、スーパーマン、グリーンランタンの人等、すごいヒーローパワーを持つ人物を入れてほしかったですねぇ。

多数のアメコミヒーローが登場するので、それらを全く知らないで映画を見る、というのは少々無理あり、のように思います。せめて、映画ハルクアイアンマン、マイティーソー位は見た方がいいと思いまっす。

キャプテンアメリカはコスプレした強化人間、
ホークアイは弓の名手、もーすごいんです(笑)
ブラックウィドウは凄腕スパイ、ということで省略(爆)。

全体的にアベンジャーズは予想よりも面白かったので、
その点は非常によかったのですが

ボスキャラ不在のまま映画終了。

というのが少し残念でした。

悪の宇宙兵団の「先兵」を倒して終わり、ということでしょうか。ソーの弟、あれは、ボスキャラにしては、弱すぎるし、ねぇ・・・

見どころはここだぁ〜。

大人気アメコミヒーロー達が
チームを組んで悪と戦う!

まぁ、大人気と言っても日本じゃ人気あるかどうか、疑問ですけど(爆)
一人でも主役をはれるヒーロー達が一つの映画に登場。これは、アツイ、アツすぎる!!!というわけですね、はひはひ。

緑の巨人に変身、ハイテクロボ、神、超人等、個性豊かなヒーロー達が登場し、画面狭しと暴れまくる姿はなかなかナイスです。

映画は普通に面白い。

ほんと、普通に面白いです。いろいろなヒーローの集まった映画リーグオブレジェンドより、相当面白いです。あれは大味過ぎでした・・・

アクションあり、迫力あり、眠くなるシーンも無く、2時間という久々のボリュームで映画を楽しめます。敵が思ったよりも弱く、ボス級の敵も出ませんでしたが、それでも面白いと言えます。

次回作は、ぜひヒーロー達と同じ位の力を持ったダークヒーロー的な敵を出してほしいものです。

アメコミ映画として面白い、おすすめレベルに達する映画なので、見て損はないです。難しいストーリーでもなく、巨大な悪をみんなで倒す!単純明かなストーリーでナイスエンターテイメント映画。

ヒーロー同士の戦いが見どころ(笑)。

宇宙からやってきた悪の軍隊は最後の方で出てくるので、この映画ではヒーロー同士が仲良くできないようで、ケンカ=戦いをしてくれます。

アメコミヒーロー同士が戦うことはないので、これはこれで面白いテイストだったと思います。キャプテンアメリカは能力上方修正されてます(笑)

なんでもかんでも楯で防いじゃって。どう見たって、楯で防げない攻撃あったYO〜〜〜〜〜(笑)

アイアンマンとソー、ハルクの3人だけで、よかったかもしれない・・・

頭脳明晰、攻撃力、防御力共にスーパーヘビー級のヒーローです。映画でも人一倍大活躍!!!そして、不死身のソー。電撃攻撃で広範囲を攻撃でき、空も飛べ、しかも怪力のヒーロー。あとは、不死身のハルク。

彼らだけで充分でしょう〜〜〜〜〜〜〜(笑)

しかし!!!
戦闘力も無く、不死身でもない、空も飛べないヒーロー他3人も、それなりに頑張ってます。能力格差なんて気にしないゼ。

敵は味方の中にもいた(笑)

空を飛ぶ空中戦艦での出来事。

正義感ぶって、緑の男が巨大化したんですよ〜。

な〜にぃ〜、やっちまったなぁ〜〜〜〜〜。

ってな、わけで大暴走です。お、おおお、落ち着きなさい・・・

残念な点はここ〜。

ボスキャラ不在。ボスは次回登場するゾって、そりゃいったい何なんだ〜〜〜。ソーの弟は神なのに、弱すぎです・・・

あと5倍位、超パワーを彼に授けてあげてください。

声優を!声優を使ってくれ〜〜〜〜〜。誰のことを言っているのか見ればすぐわかりますよね(爆) ななな、なんでしょう、キャラに声があっていない、う、浮いてますよ。

映画館に見に行って続きは続編で!
なんてことになったら、しばらく映画館に行く気なくなるよ〜〜〜〜〜。

ただでさえ、大画面テレビの発売+3Dじゃない3Dで追加料金のダブルパンチで映画館人口減ってきてるのに。

まぁ、残念な点はそんなとこですかねぇ。強いヒーローと弱いヒーローもそれぞれ活躍できる場所をわけているので、そういった点でもよかったと思います。

アクション・アドベンチャーの項目に戻る   TOPページ

 

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク