×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

映画評論グレートシネマ

おすすめホラーサスペンス映画!
霧が街を覆う!スーパーマーケットに
閉じこめられた人々の運命はいかに!
ミスト

ミスト|DVD画像

【出演】 トーマス・ジェーン, マーシャ・ゲイ・ハーデン, ローリー・ホールデン, アンドレ・ブラウアー, トビー・ジョーンズ
【脚本&監督】スティーヴン・キング&フランク・ダラボン
【DVD販売・レンタル】 2008年
【時間】 125分

【あらすじ】 メイン州西部の全域が、未曾有の激しい雷雨にみまわれた。嵐に脅える住民たち。だが、その後に襲ってきた“霧”こそが、真の恐怖だったのだ。

その霧は街を覆いつくし、人々を閉じ込めてしまう。時を同じく、デイヴィッドとビリーの父子は食料を買出しに行ったスーパー・マーケットで“霧”に閉じ込められてしまう。他の買い物客が建物の外に出ようとすると、次々に霧の中の何者かに襲われていく。

立ち往生を強いられる中、母の待つ家に帰ろうとビリー少年に哀願されるデイヴィッド。そしてある決意を固めて絶望的な状況の中、父子での決死の脱出を図る二人の前についに姿を現す“霧”の正体とは? 人間は見たことのない恐怖の前にどのような選択をするのか。そして奇怪な霧に閉じ込められた人々の運命やいかに!!!

おすすめホラー映画。

霧が街を包む。それは異様な出来事の始まりであった・・・

不安と恐怖、スーパーマーケットの外は地獄と化す!!!

この辺がおすすめホラーサスペンス映画!
サスペンス映画とホラー映画を合体させたようなこの霧が出てくる映画ミスト。モンスターパニックのテイストを出しつつ、人々の疑心暗鬼、このような状況に置かれた場合の行動等を描いているちょっと変わった趣向の映画。

内容的に1人で見ることをおすすめしまっす!

Mrグレートのこの辺が面白い

ホラーサスペンス映画の評論・感想

霧が街を包む!
そして、 霧の中には何かがいる・・・

噂の作品、ミストをレンタルして見ましたー。なんだか、ゆったりしたストーリーの立ち上がり。ぐぐっと開始15分に掴む物がなかったので、少々面白さに不安を感じていたのですが、結構楽しめました。

まぁ、楽しめたというと感想は、内容的に不謹慎なような気もしますが。

この映画、どういうものかというと
「モンスターパニック+現実離れした状況に置かれた人間の行動」
という2つが組み合わさって、できてます。

突然の嵐の後
街が霧につつまれただけで、 「日常が一変する」 ところも不気味です。数メートル先も見えない濃い霧が、この映画のポイント。先に何があるか全く分からない!!!という不安感を増大させてくれるのです。

そして、得体の知れない怪物が
映画開始 30分位 から出てきます。

さらに!街の人達のおバカな思考回路が、どんどん観客を不安にさせてくれます(汗) だ、だ、だ、だ、だめだってー。そんなことしちゃ・・・あーーーーー!!!わー、やめなさいって、そんなコトしてる場合じゃ・・・あーーーーーーー!!

ホラーに出てくる主人公達の行動にはいつもヒヤヒヤさせられます(滝汗)

まるで、硫酸の入ったコップを頭にのせ、そのまま緩やかなダンスをするが如く!案の定・・・・ ギャーーーーーース!!!!ですね。

ホラーテイストな作品ですが、グロテスクシーンは5〜8%程度。血がブシューーーーッというシーンはありますが、内蔵がドバーーーーッとか、頭がリアルに引きちぎれる、とかそういったシーンは無いのでホラーが苦手な人でも大丈夫でしょう。

 

ミストの見どころはここだぁ

 霧の中に!
霧の中に何かいる!!!

一人の男性がスーパーマーケットに入ってきます。ここからだんだんと目が離せないようになってきます。はっはっは、何をバカなこと言ってるんだぃ?怪物?そんなのいるわけないじゃないか、バカバカしい。

この怪物が現実の物になるのにそう時間は、かかりません。

そして、怪物出現後から
生きるか死ぬかの展開がはじまるのです!!!

スーパーの中にいると安心なのか?

本当に外に怪物はいるのか?

という疑問から、数人が外に出ていきます。
その後、彼らは帰ってきません。悲鳴も聞こえません。

彼らは、どうなったのでしょうか?助かったのでしょうか?

それとも・・・

夜になると、でっかい虫のような生物がスーパーの明かりに集まってきます。なんだ、でっかい虫かぁ。 ・・・と思っていたらその虫を食べようとする奇怪な生き物が

ガラスに激突!

激突、激突!!!!

激突、激突、激突ーーーーー!!!

ガラスが!ガラスが〜〜〜!!!

・・・もう、後の展開はもうお分かりですね。

そして、隣の薬局に薬をとりに行こう!という主人公。よせばいいのに隣の薬局に行きます。薬局の中は暗い、めちゃ暗です。ここでも何かが起こる予感・・・(滝汗)

 

等々、なかなかに映画に引き込まれてはいきますが、残念ながら
テンポは少し悪いです。

その理由は、映画中、うるさいおばさんがしゃべってしゃべってしゃべりまくります!ここは、映画に必要なようですが、イライラします(

そのしゃべり、少しまとめてくれないかぃ?と言いたくなります。そして、弁護士さんも、すぐ倉庫を見に行きなさいよー。駄々こねてる間に15分もたっちゃったよー。とかいろいろです。他にも無駄なしゃべりが多いです。

心理的な狙いがあるのでしょうが、テンポはもう少しスイスイお願いします。一般ピーポーの我々はそんなに深く考えないですら〜。

しかし、見ている側は、このやり取りも含め、どんどんと不安になっていきます。この辺りはうまいです。怪我の功名ってやつですか。

この先、何が起こるのか?あの生き物達は何なのか?外の怪物も恐いですが、スーパーの中にいる人々の行動も恐いのです。

外と中からの板挟みに不安感倍増!!!

あのうるさいおばさんが、2日目からは信者を増やし、狂信者のごとく、生き残るには生け贄をーーーーー!!!生け贄をささげるのじゃーーーーー!!!

と言いながら、主人公達のグループを見ている顔はゾッとします。
人々の目もはじめの頃とは変わってきます。この辺りも見どころ。

霧の中から脱出はできるのか?

怪物の正体は!

妻の生存の有無は?

そして、主人公達の運命はいかに!!!

ラストのネタバレ情報やラストの感想はこっちこっちー
ネタバレなので、よいこのみんなは見ちゃだめですよー。

世界観、よく出来ています。

 

ホラー映画のカテゴリーへ   ・TOPへ

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク