×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

映画評論グレートシネマ

SF映画!ロシアSF超大作らしいです。
プリズナー・オブ・パワー
囚われの惑星

プリズナー・オブ・パワーのDVD画像

【出演】ワシリー・ステパノフ, ピョートル・フョードロフ, ユーリヤ・スニギーリ, フョードル・ボンダルチュク
【監督】 フョードル・ボンダルチュク
【時間】 120分
【DVDレンタル開始】 2013年

【内容】 2157年、深宇宙―。謎の惑星に不時着したマクシムは、親衛隊に捕まり、ガイ・ガール伍長の連行のもと首都に移送される。 彼らを乗せた車両は“ニュータイプ"と呼ばれる集団に襲撃され、瀕死の重傷を負ったガイを救助したマクシムはその後、脱出に成功。

この惑星は軍事独裁政権“匿名の父たち"が支配する惑星サラクシだと知る。 突然何者かに襲われたマクシムは、優れた戦闘スキルを披露し、親衛隊の候補兵となる。 しかし、“ニュータイプ"たちに対する暴力的な振る舞いを行う政府軍に疑問を感じたマクシムは、親衛隊入りを拒否。銃殺刑に処されそうになるが、“ニュータイプ"たちに匿われる。 マクシムは、防衛塔とは名ばかりの発信基地から見えない特殊光線を放射し、民衆に耐え難い痛みを与えている事実を知り、命がけで“匿名の父たち"転覆計画に加担するが・・・

ロシアのSF映画です。

ぐぬぬ、ロシアのイケメン登場(笑)・・・

この辺がおすすめ!!SF映画!
SF映画、というようりは革命物ですかね。全体的に意味がね、よく分からない。普通に悪の組織と戦うヒーローでよかった。

この辺が面白い

SF映画の評論・感想

なんでしょう、この微妙な映画・・・

ロシア期待の大ヒット映画、みたいなことを書いてたのでレンタルしてみたものの正直イマイチ。SFっぽくないし、アクションシーンも少ない、しかもストーリーがよくわからない!!!

ストーリーをショートカットしながら進んでいるような映画。小難しい話がいろいろ出てくるわりにはそんなに重要ではないことばかり。

主人公もなぜか超治癒能力があるし、記憶を失った、という設定も活かしきれていない。

SF映画というより、革命物?

ただ単に、地球人はこの星ではすごい能力を発揮することができる。そんな主人公が市民を洗脳する悪の国家を一人で撃破する!!!みたいな映画でよかったと思います。

妙に小難しくしてますけど、内容が薄い・・・

ストーリーに波やヤマ場が無いもんだから
途中寝てしまったでげす。

もっと面白い映画にできたでしょうに、なんかこう狙いすぎて失敗した映画のよう。見終わったあとに一体なんだったの???という感想が出てきました。

ワクワク感をもっとください。ストーリー構成、見直し必須。

見どころというと、イケメン主人公以外に見どころあります(苦笑)???

イケメン、イケガール、そんなものは映画の面白さには関係無いっ。
というわけでイマイチな映画でした。んんん〜〜。

 

SF・ファンタジーの項目に戻る   TOPへ

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク