×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

映画評論グレートシネマ

SF映画!
アバター

【出演】サム・ワーシントン, ゾーイ・サルダナ, シガーニー・ウィーバー, スティーヴン・ラング, ミシェル・ロドリゲス
【監督】 ジェームズ・キャメロン
【時間】 162分
【DVDレンタル開始】 2010年

【内容】 22世紀、人類は地球から遠く離れたパンドラで<アバター計画>に着手していた。この星の先住民ナヴィと人間のDNAを組み合わせた肉体<アバター>を創ることで、有毒な大気の問題をクリアし、莫大な利益をもたらす鉱物を採掘しようというのだ。

この計画に参加した元兵士ジェイクは車椅子の身だったが、<アバター>を得て体の自由を取り戻す。パンドラの地に降り立ち、ナヴィの族長の娘ネイティリと恋に落ちるジェイク。しかし彼はパンドラの生命を脅かす任務に疑問を抱き、この星の運命を決する選択を強いられていく……。

見たこともない世界、原住民の世界を表現。

3D映像が噂になった話題映画。

おすすめです。

この辺がおすすめ!!SF映画!
DVDでは映画館のように飛び出す映像では無いですが、これはこれで普通に楽しめます。

この辺が面白い

SF映画の評論・感想

映画館とは違って映像が飛び出さな〜い(爆)

というわけで、あの3Dメガネが無いと飛び出さないのがちょっと残念ですが、噂のSF映画、レンタルしました。

映画の内容は、

原住民の住処に潜入し、超高価な物資を
できれば争わず話し合いにて頂いてこい!

という命を受けた、兵士のお話です。

見たことも無いカラフルなジャングルで、アバター装置によって別の生き物の身体に入って探索をする、なんとも珍しい設定になっています。

映画は飛び出さなければイマイチ、かな。と思っていたのですが、なかなかどうして、普通に面白かったです。

不思議な惑星の世界を完全に表現しています。
まるで、そんな世界があるかのようです。

原始的な武器を使う原住民たちを近代兵器で蹂躙していく様子は見ていて悲しくなります。反撃の際は、人間達を倒せー!いけいけー!!!と応援したくなります。ホントはどっちもどっちなんですけどね(爆)

気になる部分もいっぱいあった映画ですが(笑)
そんな部分は下記にてー。

 

 ここってドゥなの?アバター。アバトゥース!

 主人公、はしゃぎすぎ、遊びすぎ!

この主人公には参りましたよ、ホント。アバター装置を使ったときにひゃっほーといきなり暴走。命令を無視した辺りからオツムが足りなさそうに思っていました、が!!!!

その通り!オツ・ムーが足りなかったんです(爆)

オツ・ムー(オツム)頭の良さですね、たぶん。

酋長の娘と一緒に一族のシキタリや生活を学ぶ主人公。
馬に乗ってはウキウキ。弓を打ってはワクワク。

とにかく、ウキウキワクワクと終始バカンス気分。早くアバターで向こうの世界に行きたいようで、食事も素早く済ませ、「さっ、遊びに行こーっと」という遊びモードで任務に挑みます。

・・・いや、任務の事など
早い段階から忘れてます(爆)

まるで、超リアルなネットゲームを楽しんでいるかのようなウキウキぶり。
「原住民の生活を観察、調査」という任務であれば、このままでもいいでしょう。しかーーーーーーーーーーーーーーし!!!!!!

彼の任務は原住民の追い出し!もしくは話し合いで超高級食材ならぬ、超高級資源の引き渡し、もしくは物々交換による取引です。

この任務がうまくいかなければ、実力行使もある!
と言われていたのです。

なのに!なーのーにー!!!!!あの有様。
ウキウキ遊んで、遊んで遊んで遊びつくし、金は無いけど暇はある、グリーーー!的な発想で、無料で遊びつくしているのです・・・

そして、あの耳を疑う一言を彼は発します。

「彼らに一人前と認められれば、俺の言うことを聞いてくれるはずです!」

いわゆる立ち退きに応じてくれると思っているわけです。ききききききー、おい、キタロー!!!もとい、キサマ、何様、サマーバケーショーン。ですよ、全く。

自分は早い段階で
「彼らはあの場所を動かない。何も欲しかがらない、話し合いもできない」

と分かっているのです。なーーーーのーーーーーーにーーーーーー!
3か月という長い長い期間をただ遊びつくしただけ。

もう、先生、君の頑張りにはガッカリだよ。まじめにノートをガリガリ書いて勉強していたのかと思っていたら、ノートにガリガリ遊びの計画ばかりを書いていた!という感じですよ。

くー、かなしーーーーー・・・

しかも、彼はオツ・ムーが足りないので、「仲間の一人、一人前と認められれれば話を聞いてくれる」と思っているのです。ちょっとは脳トレして頭活性化させてくださいよ〜(爆)

仲間の一人と認めれたら???
一人前だと認められたら???ですと?

そっれっはっね♪

・・・その他、大勢という事だよ、ボーイ!

だって、あの空飛ぶトカゲみたいなのとという名の強制服従、もとい絆という名の奴隷。あれは、みーーーーーーんながクリアしていてる儀式ですからね。彼の言う一人前&仲間と認められたら自分の意見が通る。

だなんて、やってたら、アンタ・・・

村人全員の小さな意見から大きな意見迄、ズンドコ通って大変なことになっちゃいますから〜。

はぁ〜♪ズンドコ〜キヨシ〜♪

権力の無い者に発言力はないのだよ、チミぃ。日本も、世の中もそうでしょう・・・(爆)1000億円(権力)持ってるカルガモと、100円(権力)もってる私グレート、どちらの意見を聞いてくれますかー?

アジアの子供達を100円で救えますか・・・?

答えはもちん、カルガモですよね。まぁ、意見を聞く前にカルガモちゃんは焼き鳥され、1000億円奪取されますけどね(爆)

と、まぁそんな感じです。

 ・・・くくく、暗い〜。もっと光を〜。せめて、破壊工作を〜!

主人公は無駄に3か月遊びまくり。その間にたっぷりどっぷり破壊工作、もしくは何らかの対策をする時間はあったはずです。話合いには応じないんだから、せめて戦闘機の計器が狂うようにするとか、爆弾をこっそり仕掛けるとか、

もう100歩譲って、あの巨大爆弾だけは信管を抜いておくとか。いろいろできたでしょーーーーーーー。それを、毎日毎日、僕らは鉄板の〜、もとい、遊びつくしてーーーー!!!!

カニづくし、松茸づくし、マグロづくし!じゃないんだから、そんなに遊びづくさないでくださいよ〜〜〜〜〜〜〜。

 こんなリーダーは嫌だ!実は何も考えて無い!

あのシーンは致命的でした。
ハイテク戦闘機相手に真正面から無策の特攻ですと???

・・・意味不明です(爆)

君には失望したよ、ボーイ。

彼の発言、「計器が狂うから、地の利は俺たちにある!」

おぉ、すごい。他にも、きっとすごい作戦があるんだねー。よかったよかった。よーし、じゃあ、侵略者である人類に目にもの見せてやるんだ!最後はきちんと決めてくれるんだね。いやー、オツ・ムーが無いだなんて言ってゴメンね、ゴメンねーーー。頭の中まで筋肉じゃなかったんだ。さすが、よっ、このー天才策士ー。

・・・と、思ったのもつかの間!!!!

戦闘が始まってみると、真正面からの特攻です!!!!

あーたーまーーーーーのーーーーー、中まで、筋肉決定(爆)
はぃ!武勇伝武勇伝!!!

まったくチミという男は・・・

あれだけの人数を集めて?しかも、景気が狂う場所で戦わず?
さらに地の利も一切活かさない?あげくの果てには銃器相手に槍で真正面から突っ込むですと?

も、もう、言葉が出ないよ、パトラッシュ・・・

あの場面での模範解答的な戦闘方法はこれだ〜!

まず、計器が狂う場所まで敵をおびき寄せる!!!そうすれば、あの一帯は深い霧に包まれているから同士打ちも狙えるし、長年住み慣れている彼らにとって、あの程度の霧、どうということはないでしょう。

もしくは、あの浮遊している岩に隠れてもっと高い位置から弓を打ちまくる!真正面から弓を打っていたあの作戦は駄目ですよ、はぃー。戦闘機は真上からの攻撃に弱いですから・・・

あれだけ人数がいるなら、村々からかき集めた縄か布か何でもいいですが、魚を捕まえる大きな網みたいなのを作って、それを全員で運び上から落とす、または飛んできている戦闘機を魚のように一網打尽にする!位できたでしょうよー。

はたまた、浮いている岩をみんなの力で動かしてドカドカ戦闘機を押しつぶしていく、みたいな。

敵が何を狙っているかも分かっているんですよね。だとしたら、守らなければならない場所だけを最悪死守すればいいんですから、地上部隊は戦闘に参加させない!!!!!参加させる意味すらない・・・

だって、あの爆弾以外で本拠地は落とされないでしょう。地上部隊はいなくても全然問題なし。むしろ、いらない(爆) 無駄死にですよ、無駄死に(爆)

とまぁ、こんな感じです。あまりにも無策すぎる。勢いだけであの最新兵器に挑もうだなんて、チミはホントに兵士だったの?このーーーー、なんちゃって兵士!!!

 かたくなに住処を離れない人々!

ここも頂けない!!!戦うゾ!!!!って・・・

一旦、逃げて様子を見てからでも、戦うのは遅くないでしょう。相手の戦力がはっきり分からないのに、戦おうだなんて。まずは様子を見てから。

オツ・ムーが足りない主人公だけど、とりあえず話は聞いてあげてー。

落ち着いて、落ち着いてーーーーー。はい、落ち着いて過呼吸してーーー。ハァハァハァハァ、かかか、過呼吸したら落ち着けないよ〜(笑)

 絆という名の僕(しもべ)!ポケモンとは違うのだよ(笑)

絆、結ぶ。と、片言でしゃべるあの方達。絆?信頼???

・・・あ、あの、あれはどうみたって絆というより強制服従ですよね。
弱らせて弱らせて捉えて服従させるポケモンみたい(爆)

あれをつながなかったら、チミ達のいう絆は一生芽生えないよ(笑)

そして、あのシーンを見てたくさんの人が思うのでした。
あー、あの耳から出る絆がほしいと(笑)

あれがあったら絆の数は軽く100桁超えますよ(笑)

 

SF・ファンタジーの項目に戻る   TOPへ

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク