×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

映画評論グレートシネマ

おすすめサスペンス映画!
交通事故の後、妻が私を知らない
という。そこから事件は意外な展開へ!
アンノウン(UNKHOWN)

アンノウンのDVD画像

【出演】 リーアム・ニーソン, ダイアン・クルーガー, ジャニュアリー・ジョーンズ, エイダン・クイン, ブルーノ・ガンツ
【監督】 ????
【時間】 113分
【DVDレンタル開始】 2011年

【内容】 『96時間』 のリーアム・ニーソン主演 制作には 『エスター』 を手掛けた、ロバート・ゼメキスとジョエル・シルバー共同設立のダークキャッスル・エンタテインメント 全ての予想を裏切る衝撃のアクション・サスペンス! 人生を奪還する闘いが、今始まる。

交通事故に遭い、4日間の昏睡から目覚めると 妻は自分を「知らない」と言い、見知らぬ男が自分を名乗っていた! 驚愕のオープニングから、すべての予想を裏切るエンディングまで、 全編にわたる謎解きの連続に息もできない、アクション・サスペンス! 出張先のベルリンで交通事故に遭ったマーティン・ハリス博士は意識を取り戻して、愕然とした。

わが妻は夫である自分の顔を覚えておらず、そればかりか、見ず知らずの男が自分になりすましていたのだ。 警察に訴えても信じてもらえず、殺し屋に命を狙われるはめになったマーティンは孤独感と疲労を引きずりながら街中を転々とする。 異国の地で孤立無援に陥ったマーティンだったが、成り行きで行動を共にすることになった協力的とはいえない協力者を得て、底知れぬ謎を解明しようとする。

しかし、やがて自分自身に疑いを抱くようになる― 自分は正気なのか、自分は何者なのか、そしてどこまで真実を知る覚悟があるのか。 ディディエ・ヴァン・コーヴラールの同名小説を、『エスター』のジャウム・コレット=セラ監督が映像化するサスペンス作品。

家族、カップルで見ても安心 最後まで目がはなせない!

お暇なときはこれでしょう。100円レンタルの日に最適。

おすすめ映画。

この辺がおすすめ!!サスペンス映画!
先の展開が気になるストーリで最後まで楽しめます。記憶を無くした男、自分は何者かを知るために手掛かりを探します。

この辺が面白い

サスペンス映画の評論・感想

アンノウン。

アンノウン、カタカナで書くとなんだか妙です。何故か私グレート、「ウコンの力」を思い出してしまいます。アンノウン、アンノウン、ウコンの力、ん〜〜〜、・・・似てる、んですかね。どっちかと言うとウコンを見ると○ンコが真っ先に頭をよぎります!(爆)

2011年、この人が主演、リーアム・ニーソン主演の映画アンノウンです。同じ名前の映画があるので、ご注意をば。

さて、主人公と妻がランララン、ランラランと飛行機で研究発表会?のような場へ出席するためにある国へやってきます。

荷物を取りに空港へ向かう途中、交通事故にあってしまいます。

ザッバーーーーーーーーーン!!!!

水が社内にダバダバダーーーーーーーー。

意識がだんだん無くなってきます・・・

そして、目が覚めると交通事故をしたものの、怪我もなく、記憶も意識もしっかりしている。財布も落としたようで、一旦、妻の元へ帰ろうとしたところ、妻はなんと

「あなたなんて知らない」と言いだします。

一緒に飛行機にも乗ったはずの妻が、交通事故のあと、自分のことを知らないと言う。何かの冗談?

「はっはっはー、ハニー。何を言ってるんだぃ、僕だよハニー。」
でも、妻は「知らない人」です。を連呼します。

くーーーー、新婚カップルなら、これはちょっとした事件ですね(笑)

「私が夫だ!」

と声を荒げる主人公。

だが、しかし!!!

ここで、妻に男が近づいてきます。

「私が夫ですが、誰ですかこの人は。」

そんなバカな!?
これは何かの悪い冗談か?と思ってさらに詰め寄る主人公。
しかし、ついにはガードマンにつまみ出されてしまいます。

おかしい、こんなはずは。

何かおかしい。

確かに自分は妻の夫だ!!!
間違いない!!!

なぜ、誰も信じてくれない・・・

パスポートは無くした、妻は知らないという、別人の夫がいる。ということは私が間違っているのか?記憶障害か?それとも陰謀か?陰謀なら一体なんのために?私と入れ替わって何の得がある?

そうだ!あの人に会えばきっと自分が誰か証明してくれる!!!
ほっとしたのもつかの間。

連絡がつかない・・・

パスポートを無くし、同行していたはずの妻は自分のことを知らないという。
しかも自分のことを知っている人とは連絡がつかない。

そこで、タクシーの運転手を探し手掛かりを見つけようとするのです。

ここから物語は大きく動き出すのです!

 

あー、もうこれ以上は言えない。
それがサスペンスのつらいとこですね。

だって、ネタバレしちゃう。サスペンスだもん(笑)

先にネタバレを見たい!って方はネタバレはこちらでーす。

と、まぁそこそこおすすめのサスペンスではありますが、最後の方の展開が非常に惜しいです。あのビルの中での決着の仕方、あの場面は主人公にピンチのシーンを切り抜けてほしかった。

まさかまさか、あの人が大活躍します。もしかあの人も記憶を失った凄腕暗殺者?(笑)肝心なとこもってきすぎ・・・

 

サスペンス&ミステリー映画に戻る    TOPへ

スポンサードリンク

人気ブログランキング
別ページにジャンプします。
たくさんの映画評論や映画情報が集まっている
ランキング形式のホームページです。映画情報が盛りだくさん。

スポンサードリンク