×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

映画評論グレートシネマ

ちょっと変わったSF的アニメ!
黒塚

SF的アニメ黒塚のDVD画像

【出演】 中田譲治, 朴ロ美, 宮野真守, 桑島法子
【監督】 荒木哲郎
【時間】 23分
【DVD販売】 2008年

【内容】
鎌倉の世。兄・源頼朝から逃げている源義経(クロウ)と武蔵坊弁慶は、山中を放浪中にたった1人山奥に住む黒蜜と名乗る美しい女に出会う。

いつしか男女の関係になったクロウと黒蜜。しかし黒密には恐るべき秘密が隠されていた。追手により瀕死の重傷を受けたクロウは,不老不死の吸血鬼・黒密と血の儀式を交わし,自らも吸血鬼となる…。ここから、近未来へと続く,二人の果てなき戦いの旅が始まる!

大人向けアニメ。暗い暗〜いアニメです。

世界観は悪くないです、が・・・

この辺がグレートおすすめ!!
ぐぬ!期待のマッドハウス製作アニメ。突き抜けたブラックさがまさに子供無用!!深夜放送で納得のブラックな内容に好みは真っ二つです。

しかし、グラフィックの出来の高さはすごい!でも、意味がね、意味が分からないんです(滝汗) 読者おいてけぼりー。

アニメ評論・感想

最後の方まで、終始ブラック
独特の世界観ぶっちぎりなアニメです。

画面も暗いし、ストーリーも暗い。そして、主人公も暗い。まさに深夜放送のために作られたであろうブラックなアニメです。間違っても子供が見ちゃいやよ的な雰囲気120%!!!

話の内容は最後の最後まで何が何やら・・・ という不思議なアニメでした。

ストーリーは江戸時代からはじまり、近未来へ移行します。

内容は、もっと単純にすれば面白かったように思います。ただ単純に過去から未来へ。そして、不老不死の力で荒廃した世界に救う悪を1話毎に討つ!!!そして、主人公の記憶が少しづつ戻っていく。ラストに近づき、宿敵は奴だった、みたいな。

他にはない独特のアニメを作りたかったのか、
話が過去にいったり、現在に戻ったり、分かりにくい点が多々あります。

最後のシーンを見終わった後もなるほどー。
で、何だったのかなー?というありさま。

ただ、いい意味で新しい世界観に挑戦!
その半面、行き過ぎて一般ピーポー置き去り感はいなめません。ん〜、マンダム。

ただ、何故か一度見てしまうと先が妙に気になる不思議な魅力もあったようななかったような。最終話が近付くにつれ、あまりにも暗い雰囲気にこれはまずい!と思ったのか、突然妙なギャグ?を入れてきたので、ここマイナスポイントにしておきます。

ここまできたら、嫌になるくらいブラック路線で突っ走ってほしい!その方が潔しです。今まで、ブラック路線で暗い暗〜い展開が続いていたのに、急に終盤、ギャグを入れられても、対処できず絶句しまっすよー(汗)

いきなりのギャグに心の準備ができてないんです、モジモジ。

「○んち」を川に捨てる。
なんていうシーンが15分もあるのも絶句です(笑)

そうそうそう、「う○ち」をね、川に捨てるシーンが山場なんです!あ、でもご安心をば。ちゃんと袋には入ってますからー。ひーーーーー、引っ張りすぎー。

中身が、中身がーーーーーー、こぼれーーー(汗)
というヒヤヒヤするシーンもあるのです。ななな、なんだー、このシーンはー。

でも、妙に見てしまいます。そんなところはすごいアニメと言えます。

ただ、最後にもう一度。

内容は分かりずらいんですが、どーにもこうにも最後まで見てしまう。続きが妙にきになる。そういったアニメ作品ではあります。話もだいたい10〜12話程度とすごく短いので、まぁいいかなという気持にもなります。

まぁ、ここで一句。グレート的名言集を1つ。

このアニメを明言集でまとめるとすれば、
工口は身を滅ぼす。ですね。

はい、はーい、みなさん復唱して復唱。はぃ、工口はー、身をー、滅ぼす。

そうそうそう、心当たりある人は毎日復唱すると吉。
男性、女性のみなさーん、復唱を忘れずにー(謎)

ほーら、思い出して思い出してー。思い当たることがあるでしょーーー。

 

アニメ映画のカテゴリーに戻る     ・TOPへ

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク