×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

映画評論グレートシネマ

おすすめアクション映画
(モンスターパニック)!
トレマーズ

トレマーズDVD画像

【出演】ケビン・ベーコン、フレッド・ウォード、フィン・カーター、マイケル・グロス
【監督】ロン・アンダーウッド
【時間】96分

【あらすじ】 砂漠地帯で異常な振動が観測され、地震学者や付近の住民たちが現地に赴く。しかし、住民の姿は無かった。すると付近で巨大なモンスターを発見。土の下に潜む巨大なモンスターが人々を襲う。主人公達は街へ避難していくが…。 今なおマニアックな評価の高い伝説的作品。

B級映画と言われてますが、名作です。

地中にうごめく巨大生物が人々を襲う!!!!

この辺がおすすめアクション
DVDレンタル作品!!

@私グレートも一押しのモンスター・パニック映画
A土の下に潜む怪物の存在感には圧巻。
話のテンポもよく、古い作品ですがCGを使わず低予算でよくぞここまで作りましたな!と感動です。

この辺が面白い

アクション映画の評論・感想

たまに金曜ロードショーで流れてましたが、その度に必ず見てしまう映画の1つ。この映画のおもしろいところは、主人公のケビンとフレッド、2人のナイス行動とナイスコンビネーションです。

・・・必ずは言いすぎでした。ごく、たまに見ます(笑)

ンチの時、「プランをたてよう。」という台詞と共に、作戦を考え得体の知れない怪物達に立ち向かっていきます。怪物は、砂の中にいます。目はまったく見えず、音を感知して獲物を追跡、食べるのですがこいつが賢くどう猛なのです。

2人の作戦は、音を出して相手を撹乱させたり、立ち止まって音を出さないでジッとしていると、どこにいるか分からない、という怪物の性質を利用して戦っていくのです。

怪物が街にやって来て人々を食べようとする。みんなは逃げるために屋根の上に逃げたり、家の屋根に上ったりと必死です。

怪物も頭がいいので、家を揺さぶったり、壊れやすいところを探して攻撃したりと、ヒヤヒヤするシーンがたくさんあります。ストーリーのテンポもいいです。

かなり昔の映画ですが、しっかり作られてますので、
今見てもすごく面白い映画です。見てない人は、暇な時にDVDレンタルどうぞー。

土の中にいる怪物は、序盤は姿を現さず、物音がしたり、小物がいつのまにか無くなっていく、ということで得体の知れない何かを表現しています。

これにより、どんなモンスターなのか見ている人に姿を想像させてくれます。

そして、中盤!

巨大なモンスター出現、大変だーっ!!!
という展開に。

険な状況でも相手の弱点を利用して、ポジディブに解決策を考えようとする主人公達が好印象。中盤の小型バギーを街の外に走らせモンスターを誘導させ、主人公がある物を取りに走り出すシーン。

思わず頑張れー、あー、危ない。
わー。っと、思わず一緒に応援したくなります。

他にも棒を使った幅跳びのシーン。お、おちおち、落ちるーーー、ホッ。ぎゃー!あんなところにも奴がーーーーー!!!安心しても、また怪物が!!!
ハラハラするシーンがいっぱい。

怪物も、ただひたすらに獲物に向かってくるのではなく、知能が高いところも、これまたおもしろい部分です。同じ作戦にはひっかからないのでだんだんと、危ないシーンが増えてきます。

CGを使ってないので、ゴジラの着ぐるみみたい物だと思うんですが全然違和感ないです。壁を突き破ってくるシーンや、銃で何度も打たれても向かってくる姿は、作り物には見えません。本当にあんな生物がいるか!そう思える演出がすごいです。

終始、飽きることなく楽しめる
モンスターパニック&アクション映画。

最後の最後、怪物をおびき寄せ、崖に走っていく主人公。果てして、 勝算はあるのか?奴を追っ払う爆弾はもう残り1個しかない!迫る怪物!後ろは崖。動きの早い怪物からもう逃げることも出来ない!

絶対絶命のラストシーン・・・!!

いや〜、この映画、古いからってなめちゃあいけない!!

カルト的な人気を誇る作品、
今の映画・DVDにも負けないすごさがあります。

 

アクション・アドベンチャーの項目に戻る   TOPページ

 

 

スポンサードリンク

人気ブログランキング
別ページにジャンプします。
たくさんの映画評論や映画情報が集まっている
ランキング形式のホームページです。映画情報が盛りだくさん。

スポンサードリンク