×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

映画評論グレートシネマ

不思議の国へ再び!ディズニー映画、
アリスインワンダーランド

アリスインワンダーランドのDVD画像【出演】 ジョニー・デップ, ミア・ワシコウスカ, ヘレナ・ボナム=カーター, クリスピン・グローヴァー, マット・ルーカス
【監督】 ティム・バートン
【DVD販売・レンタル開始】 2011
【時間】 109分

【あらすじ】 白ウサギと遭遇したことによって不思議の国へと迷い込んだアリス。そこは、美しくもグロテスクなファンタジーワールドで、トゥィードルダムとトゥィードルディーや、赤の女王とその妹で慈悲深い白い女王たちに出会う。

鬼才ティム・バートン監督×ジョニー・デップ主演で贈る、究極のファンタジー・アドベンチャー!ルイス・キャロルのファンタジー小説に独自のオマージュを捧げ、全く新しい“アリスのその後の世界”を描く。19歳に成長したアリスが迷い込んだワンダーランド。そこで出逢った奇妙な住民たちはなぜかアリスを知っていた。しかも、残忍な“赤の女王”の恐怖政治に苦しむ彼らにとって、アリスは予言された伝説の救世主だというが…。

自分の知ってるアリス情報で映画を作りました。
    って感じの映画です。

ファンタジーとして、ストーリーがどうも物足りない・・・。

この辺がおすすめ!!ファンタジー映画!
あの童話アリスからんん〜〜年が過ぎた物語。大人になったアリスが再びワンダーランドへ。

んん〜、どの辺がワンダー(爆)?

この辺が面白い

映画・DVD ファンタジーの評論・感想

映画の内容について。

ん〜〜〜、正直、童話にあったアリスが兎をおいかけていろいろな国?を旅していくというあれを普通にリメイクでよかったんじゃないでしょうか(爆)

原作に続きがあるか知りませんが、ただアリスのキャラクターを出してちゃちゃっと作っちゃいました。ジョニーデップも出てるし、これで人気出るよね。という印象です。

ストーリーがペラッペラ、薄いです。時間が110分もあるのに、なんだかとりあえずいろいろ詰め込んで、終わらせました感が強いです。

はじめの兎をおいかけてアリスが小さくなったり大きくなったりするシーンまでは、なんだか面白そうな映画だと思いましたが

なにせ、ワンダーランドなのに、ワンダーがない・・・

ワンダー。不思議の国なのに、別段不思議に見えない。冒険もせずに敵の城と味方の城をちょこっと移動しただけ。たくさんキャラクターを出したせいか、まとまりも悪いです。

わけもわからずドラゴンと戦いなさい。と言われますが、特にストーリーに複線も無く。なんというか全て中途半端な映画だったように思います。

それぞれのキャラクターも個性が全然出ていません。
とりあえず、登場させた、という感じです。

不思議の無い国のアリス。

久しぶりに映画館で見のですが、

見るのは、やはりDVDで充分(爆) 3D眼鏡が改良され、なおかつ料金込みで500〜700円だったらよかったのに。飛び出す映像がすごくないので、期待していくとガッカリします。

映画で1000円越えたら見に行けないよ・・・(爆)
デフレ脱却!もう何年同じこと言ってるんですか、ここはあえてデフレを加速させましょう。スーパーデフレである意味すっきり。人類は増えすぎたのです・・・

 

では、次に3D映像からいきましょー。
これは映画の点数に関係はありません。
だって、3Dの技術不足は映画のせいではないからです・・・

噂の3Dを映画館で見てきました。

それがアリスインワンダーランドでした。

あれが、噂の3D・・・

あ、あのー。どの辺が3Dなんでしょうか?

飛び出してる!!!って言いますが、

ほんの少し飛び出して・・・

ほんの少しすぎますよね(汗)・・・

微妙に飛び出しているって感じです・・・

・・・いや、あれで飛び出している・・・の?

飛び出しているように見えなくもない?

もはや錯覚の世界(苦笑)

 

お世辞にも「うわー、すごい!飛び出してるよー!」
「やっぱり3Dの映画はすごいねーーーーーー。」

とは、口がさけても言えない・・・

「血と汗と涙、苦悩と挫折の結晶」=「マネー」
を握りしめ、月に1回しかない映画1000円デーに見にレッツゴー(笑)

DVDなら、120円・・・ 

映画館はレディースデーでも1200円。な、泣けるぜ。

さらに1000円+3Dメガネ代300円。

え?映画見に行って1000+300でも安いですと???

・・・神よーーーーーーーーーーーーー。

映画とえいば、ポップコーン!!!

・・・は、嫌いなので、ポテトフライを頼みました。しかし、人の足元を見ているのか、あの値段はいかがなものかと。くーーーーー、高いよぉ。

スーパーデフレよ。ポテトを100円にしておくれ〜(笑)

カップルで行ったのであれば、買わずにはいられないジュースとおやつは計500円×2。買わなければ、「あなたって、おケチなのね。」というメガプレッシャーをかけられ

「いいよ、いいよ、私喉乾かないから」と笑って許してくれたのか、
と思いきや、次からは、おケチという敗北の2文字を背負わされる始末。

そして、次から私の呼び名は「おケチさん」になってしまうわけですね。

・・・かかか、神よーーーーーーーーーー。

バレンタイン、クリスマス等、恐ろしいイベントを考えた仕掛け人達に重い思い罰を食らわせてくだせ〜〜〜。早く世の中のみなさんの「洗脳」が解けますように。

まぁ、それはさておき(笑)

 

期待が大きすぎたのでしょうか・・・

そんなハズは・・・

きっと、多くの人はすごく飛び出す映像を期待しているはず。それなのに、それなのに、この技術で?あの飛び出し方で?

3Dと名をつけるのも、恥ずかしい(爆)・・・

もっと飛び出してよーーーーーーーー。

と、思った人が一体何人いるでしょうか。

映画がはじまるのをワクワクしていた私グレート!!!!!!

もーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー、ワクワク、ドキドキで、ドキ死、ワク死しそうになるのを押さえ、待ちに待った3D映画の観賞でした。ちなみにドキ死はドキドキして死にそうになること。わく死も同じくです。

映画館に、行かないこの私グレートが!楽しみにしていたのは、やはり飛び出す映像3Dです。テレビも3Dだ!3Dだ!としきりに持ち上げてますし。

映画でも3D−−−−!3D−−−−−−−!
アニメ、イクシオンサーガのDT!DT!DT!とはわけが違います(笑)

3Dと、新手の新興宗教のように3Dを連呼している今日この頃。

あれだけ、3Dを楽しみにしていたのに!

あの飛び出し方の少なさ。

終わった(爆)・・・

大阪のUSFにあるアトラクション「ターミネーター」のような飛び出し方を期待していたのに、なんでしょう。あの、微妙な3Dは・・・

 

楽しみにしていた飛び出す映像。

映画の予告編から3Dになるよ。

というアナウンス。わーいわーい、楽しみだなぁと心拍数もあがり、ハァハァと息をきらして、妖しい人物になっていたグレート。心拍数はもはや計測不能、この状態で階段を上ろうものなら体中の欠陥がブチ切れるところですYO。

しかし、喜びもつかの間。予告編がはじまってから。

・・・・・・あれ?

・・・・・・・・・・・・・・・・・あれれ???

そして、係の人が「3Dに見えない方は眼鏡交換します」と言うのです。

はっはっはー、なーんだ。私グレートの眼鏡、壊れてるんだねー。いやー、まいったまいった、なんというアンラッキーな日でしょう。

だって、全然飛び出してない。いや、もとい、ほんの少し微妙に、微妙ーーーーーーーーーーーに飛び出してるけど、あれは違うよねー。さっ、交換してもらおぅ。

と、係の人に交換してもらいました。

いやー、よかったよかった。

さっ、こ・れ・で・

ワクワクドキドキの3D映像が!!!

ドキドキの3D映像が!!!!

今日だけはドキ死してもいい!!!

飛び出す3D映画が見るん・・・

だ・・・・

・・・よね?

3Dっ!!!!!

3Dっっ!!!!!

スリーサイ・・・

あ、あれ?

あれれ????

?????????????

ま、まさか、飛び出し方は、これが限界?

 

私グレートが映画館に行った日は、広い館内に計16人。初デートのカップル、中高年、映画好きなボーイ&ガールズもいました。しかし!見終わって帰るときにはみんな無言。

普通なら、あーあ、つまんなかったね。とか面白かったね。とか、いろいろ感想があるはずなのに!!!!!

初デートのカップルは意気消沈!
まぁ、それも試練ダヨ。さぁ、帰り道、さらに映画の感想で盛り下がるのだー。
・・・フッ、映画は一人で見るものだよ、ベイビー(笑) 2人で見るのは100%面白いとわかっている映画だけさ。

開始前はしゃべりまくってたおばちゃんたち、中高年も無言!
誰だ〜。ヨン様の3Dがあったら見たいなんて言ってたのはー。
そう、チミだよ、3列後ろのチミ!(笑) 神に祈りなさい。

3DのDは 「ダメだったねやっぱり」 のDだっ。

映画好きも絶句。
くーーーー、私グレート、映画の予告編から挫折。しかし、アバター等を見に行っていた者達はまぁ、こんなもんだよね的なオーラを発していました。バカヤロー!!!アメリカなら訴訟ものだゼェ。

 

そして、驚愕の事実!!!!

3D眼鏡をかけると視界が!
30%位暗くなるんです・・・

く、暗い〜〜。もっと、もっと光を〜〜〜〜〜〜〜〜。
という北斗の拳のキャラ、ジャコウのセリフが頭をよぎりました。

く、くくく、暗いよ。

映画の明るいシーンはいいのですが、暗い夜のシーン等はちょっと見にくいです。こんなこと、誰も教えてくれなかったよファーザー。

って、かけたら暗くなるあの3D眼鏡、工夫してよーーーーー。
暗いよー。恐いよー。狭いよー。

しっかもー!!!

3D眼鏡を外して映画を見てみると・・・

ところどころ人物等がブレて三重位に見えます。

そりゃあ、そうですよね。だって、3Dは昔の赤、青のあの原理なんですから。

って、これで、3D眼鏡をかけずに見るというのも、ナンセンスだよーーーーーーーーーー。300円の追加料金を払わないと、映画館でお金を払ってイジメられてる気分になれる。そ、そんなバカなー。

それで喜ぶのは超Mっ子しかいないよ(笑)

 

他の3D映画がどんなのか分かりませんが、

まだ、3Dの映画を放映するには
技術が足りない、時期が早い、と感じました。

映像化は、まだ早すぎます。期待して見に行って、なーんだ、3Dってこんなのかぁ。とガッカリする人の方が多いと私グレート、綺麗事ぬきで、あえて発言します。

正直、ガッカリだよ・・・

ストーリーなんて、そこそこでいいから、もっと飛び出して「おぉー、すごい!こんなに飛び出すんだ。すごいすごい」と思えるような映像にしてください。

やっぱり、私グレート。映画館にはまた当分行かなくなりそうです。

1000円でも高い。高すぎる・・・

せめて500〜700円で3D眼鏡込み。これじゃないと。

普通の映画の方が見やすくていいです(爆)

3Dというていのいい料金上乗せ、これでは映画館に行く人、ますます減りそうです。大型テレビの出現、映画放映からレンタルされる時期も早くなり、映画に行って次回に続く!

など、今、まさに映画暗黒時代到来でしょうか。

 

アクション・アドベンチャーの項目に戻る   TOPページ

 

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク